山本美香



山本美香(やまもとみか 1967年5月26日生)
 [ジャーナリスト]


 山梨県出身。1990年に都留文科大学文学部英文学科卒業後、朝日ニュースターに入社し、記者、ディレクター、ビデオジャーナリストとして活動する。1995年、朝日ニュースターを退職、フリーランスを経て、アジアプレス・インターナショナルに所属。1996年からは独立系通信社のジャパンプレスの記者となり、上司である佐藤和孝とコンビを組んで、イラク戦争やタリバン支配下のアフガニスタンなど、世界の紛争地を中心に取材し、2003年のボーン・上田記念国際記者賞特別賞などを受賞した。

 ジャーナリスト以外でも活動し、2003年10月から2004年にかけて日本テレビ「NNNきょうの出来事」のフィールドキャスターを務めた。2008年には早稲田大学大学院政治学研究科の非常勤講師に就任すると共に、母校である都留文科大学でも臨時講師として教壇に立った。

 2012年8月20日、シリア内戦の取材中、シリア北部のアレッポにてシリア政府軍(シャッビーハ)の砲撃を受けて、搬送先の病院で死亡した。パートナーの佐藤が確認したところ、右腕および首に銃創痕が、防弾チョッキで保護された腹部にも、銃撃の跡があり、大量の出血があった。

 山本の遺体はイスタンブールを経由して、8月25日に遺族や佐藤と共に同便のトルコ航空機で日本の成田国際空港に搬送された。26日、東京都内の大学病院で司法解剖され、死因は首への銃撃による頸髄損傷と発表された。また、銃創痕が9ヶ所あることが明らかになった。

 最後の地を共に取材していた佐藤とは、15年近く前からの事実婚関係にあり、公私にわたるパートナーだったという。

 2012年8月20日死去(享年45)





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ