コリーヌ・レイ=ベレット



コリーヌ・レイ=ベレット(Corinne Rey-Bellet 1972年8月2日生)
 [スイス・アルペンスキー選手]


 2003年、サンモリッツで開かれたアルペンスキー世界選手権の滑降で銀メダルに輝き、合計5つの大会に勝ったが、2003年に膝に傷を負い、それが原因で引退した。

 2006年4月30日、ヴァレー州にある両親の家で撃たれて亡くなっているのが発見された。彼女は妊娠3ヶ月であった。彼女の弟のアラン(翌週に結婚することになっていた)もまた亡くなり、母親も重傷を負った。2歳だった息子は無事だった。当時彼女の父親は留守にしていた。その出来事から遡って10日前から別居していた彼女の夫に対して逮捕状が出た。5月3日に夫は自殺していたところをスイス警察に発見された。使用された銃はコリーヌ・レイ=ベレット殺害に使用されたものと同じものであった。

 2006年4月30日死去(享年33)





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ