佐伯祐三



佐伯祐三(さえきゆうぞう 1898年4月28日生)
 [洋画家]


 大阪生まれ。中津の光徳寺という寺に、男4人女3人の兄弟の次男として生まれた。旧制北野中学在学中に赤松麟作に学び、卒業後上京して川端画学校に入門、次いで東京美術学校西洋画科に入学し、藤島武二に師事する。1923年に同校を卒業。東京美術学校では、卒業に際し自画像を描いて母校に寄付することがならわしになっており、佐伯の自画像も現存している。なお、在学中に結婚した佐伯の妻・米子も絵を描き、二科展などにも入選していた。

 1924年1月、フランスに渡航。佐伯はフォーヴィスムの画家モーリス・ド・ヴラマンクに師事して大きな影響を受け、パリの街頭風景を独特の粘りのある暗い色彩で描いた。佐伯はパリに長く滞在することを望んでいたが、彼の健康を案じた家族らの説得に応じ、1926年にいったん日本へ帰国した。

 パリでの友人である前田寛治、里見勝蔵、小島善太郎らと「1930年協会」を結成したが、1927年8月に再びパリに赴くと、佐伯はその後ふたたび日本の土を踏むことはなかった。佐伯は旺盛に制作を続けていたが、1928年3月頃より持病の結核が悪化したほか、精神面でも不安定となった。自殺未遂を経て、セーヌ県立ヴィル・エヴラール精神病院に入院。一切の食事を拒み、同年8月16日、衰弱死した。

 佐伯に死について、妻・米子によるヒ素毒殺という過激な説や、佐伯の作品については、米子による加筆説なども存在するが、真偽の程は不明であり、信憑性が低い。

 1928年8月16日死去(享年30)





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ