枩浦潟達也


枩浦潟達也

枩浦潟達也(まつらがたたつや 本名:牧山強臣 1915年5月27日生)
 [大相撲力士]


 佐賀県出身。1930年1月場所に錦島部屋から初土俵を踏む。四股名は出身地の松浦潟(唐津湾)に由来する。1938年1月からは「大蛇潟(おろちがた)」の四股名で新入幕を果たすが、負け越して1場所で十両陥落となる。このままでは伸び悩むと判断したことから四股名を「枩浦潟」に戻し、1940年1月場所で再入幕。このとき、独立した能代潟錦作と共に立田山部屋へ移籍した。

 折しも時代は太平洋戦争へと突入し、若手の力士たちも次々に戦場へ召集されていったが、枩浦潟は大相撲に必要不可欠な存在として兵役を免除され、戦時中にあっても現役の力士として活躍を続けた。1941年5月場所には西前頭2枚目で、相手方の3大関に敗れただけの12勝3敗の好成績を挙げ、1942年1月場所で小結に昇進した。1943年5月場所では5日目に照國、7日目に安藝ノ海から金星を挙げたが、終盤5連敗して7勝8敗と負け越した。

 彼は色白の美男力士として女性からの人気も高く、その後も幕内上位で活躍を続けていたが、彼の相撲人生は無残にも1945年3月10日の東京大空襲によって断たれることとなった。この日、枩浦潟は大空襲の中、本所千歳町の自宅付近で近所の住民と共に消火作業を行っていたが、その甲斐もなく自宅が炎に包まれたため、彼は消火作業を諦め、妻と共に荷車を曳いて深川の方向へ逃げて行ったという。これを最後に枩浦潟の生きている姿を見た者はおらず、恐らくは当日のうちに焼死したものと推測され、記録上も1945年3月10日付で死亡認定がされているが、現在に至るまで枩浦潟の遺体は確認されていない。ただ、大空襲から数日後、深川方面で犠牲者の遺体の処理にあたっていた警防団の一人が「そういえば大きな仏さん(遺体)があったよ」と証言しており、あるいはその遺体が枩浦潟だったのではないかとも言われているが、その遺体が実際に本人であったかどうかは確認する術もなく、遺体がどのように処理されたかも分かっていないという。





w友達に教えるw
[ホムペ作成][新着記事]
[編集]

無料ホームページ作成は@peps!
無料ホムペ素材も超充実ァ